今更ブログの可能性について熱を入れて考えてみる

フチネコはシャノアールの周年キャンペーンで集めたもの

さて、ソーシャルメディアの第一世代で初めはかなり勢いがあったが、のちにspammerたちにいいようにやられたブログ。


そのブログの復活が起こっている気配である。これはGoogleが検索アルゴリズムを変更して徹底してスパムブログを締め出したこと、間違ったSEOをただしたことによるのだが、その副作用もあり、ブログの検索順位がなかなか上がらないということでしばらく下火となっていた。

新しいアルゴリズム(ハミングバードの流れ)ではリンクの獲得よりもコンテンツの充実が検索順位には大きな影響があることがわかるにつれてコンテンツ充実のニュース発信を組み込んだオウンドメディアが増えたが、それも飽和している。

形式は変わってもマーケティングの一環であることは変わりなく、どこまでも売り上げへの寄与を求められる企業のWEBマーケティングの世界は今も激しく変化し続けている。

その対極にあるのがまったり、ゆるいメディアでtwitterやFacebook などの第二世代のソーシャルメディア。つながり、共感、拡散、シェアというぬくもりがあるソーシャルなメディアであったが、これもWEBマーケターたちの手にかかると新しい広告媒体に変貌する。

広告っぽくない広告、ネイティブ広告として広がっていく。またSNSもfacebook広告やtwitter広告、LINE広告、Instagram広告と広告媒体化していった。

さてさてそこでだ。

第一世代のソーシャルメディアであるブログにもう一度注目してみよう。

長いコンテンツがかけて、しかもアーカイブに優れている。

本物のレビューが書かれれば、それはユーザーにも評価される。

デザインもかなり自由度がある。

私の今回の熱はこれをもう一度個人の手に取り戻してみたいという試み。

ちきりんさんやイケダハヤトさんはすでに実現しているが、それを普通の個人がやれないかということである。

そういうことを今、この暑い夏に、さらにヒートアップして考えている。




0コメント

  • 1000 / 1000

blc

何かsimplogがかわりましたね。