男の子の憧れカブトムシとクワガタ、それに会える昆虫ショップを発見!

小さいころの生き物との出会いが大人になってからの生き方に関係していると思います。もちろん犬や猫などのペットも大切ですが、もっとマニアックに生き物としての昆虫との出会いは強烈なようです。自分で世話することの喜びと大変さを子供ながらに知ります。そして生命の神秘を感じ取ります。精巧にできた昆虫の体、でもそれは人工のものではなく自然の中に生きる生命なのです。
大人になってからは特に癒しを感じます。余裕のなくなった心に潤いを与えてくれます。いとおしむことが心にゆとりを生んでくれるのです。対人関係に疲れたら、生き物に触れることをお勧めします。
こんな問屋さんがあるとは知りませんでした!

個の力、ソーシャルな広がり

昆虫卸問屋というものがあるらしい「アリスト」【最新情報に更新】

こんなところを見つけました。

男の子にとってはいくつになってもあこがれがクワガタとカブトムシ。

昆虫を通して神秘のいのちのことを学んでいきますし、関節やうち羽根などのメカニズムも知りますし、強さも知っていきます。

そしてコレクションするという楽しみを知るわけです。

手塚治虫さんや養老孟司さんも小さいころ虫に魅かれています。

宮沢賢治の世界にも昆虫がいっぱいでてきます。

もちろんファーブル昆虫記のそうです。

【最新情報】

ギラファ、コーカサス♀、B品など追加出品しました。クワガタ販売アリスト | 外国産 クワガタ販売 クワガタ カブトムシなどの専門店 昆虫ショップ 

https://mycrowdworks.amebaownd.com/posts/2238616

0コメント

  • 1000 / 1000

blc

何かsimplogがかわりましたね。