リブログといいね!の違い

実践者のレポート、参考になりますよね。だからリブログしてみました。
でもほんとは「いいね!」がいいかなと思ってます。

BULAg

オンライン英会話をサボっている3つの理由

さて、近頃サボってばかりいるオンライン英会話をなんとかしたいと考えています。


最近の受講頻度はというと…正直2週間に1回程度。


もはや、毎月4000円の受講料を捨てているようなものです。


私の受講しているプランでは、25分を1レッスンとして、毎日受講できるのですが、約3ヶ月前までは、ほぼ毎日のように受講していたにもかかわらず、どうしてこんなに受講頻度が落ちてしまったのか、自分なりに分析してみました。


オンライン英会話レッスンをサボってきた理由

①仕事が忙しくなった

一番にこれを理由にしてはいけないのですが、仕事の日に受講しようと思うと、どうしても22時以降の深夜の時間帯となります。


急いで仕事から帰って、レッスンの準備をして、受講という流れを繰り返していましたが、避けられない残業のおかげで、キャンセルしなければならなくなったり、講師に悪い気持ちになり、安易にレッスンを組めなくなっていました。


②効果的な復習ができていなかった

一応、Evernoteにレッスン記録を付けてはいましたが、正直受講した後は復習することはないため、次のレッスンに活かすこともできず、自身のスキルアップが感じられないという状況に陥っていました。


③受講する講師のバリュエーションの少なさ

講師との相性は、レッスンを続ける上で、とても重要な要素の一つと言えます。


DMM英会話では、自分の好みの講師を「お気に入り講師」として登録ができ、私は主に2名の講師をローテーションで利用しています。


残念ながら、講師の質はまちまちであり、これまでも、新しい講師の予約をしたところ、当日にキャンセルされてしまったことが何度もあります。


そうなると、人気講師に予約が集中することは必然なわけです。


私のプランは、予約したレッスンが完了した後でないと、次の予約が取れないため、深夜のレッスンを受講するとなると、終わった時には、既に翌日の予約が埋まっていることが多いです。


つまり、人気のある、お気に入り講師のレッスン枠に合わせて受講しようと思うと、結果、週2、3日が限度という状況です。


対応策

①一週間の受講スケジュールを組む

まずは、週3日〜4日を目処に、受講時間を決めます。


仕事の日は基本的に夜の時間で組み、休みの日は朝の早い時間で組むようにします。


残念ながら、事前に複数日程の予約は出来ないため、毎回お気に入りの講師の受講は難しいと思いますが、自分が受けやすい時間帯でレッスンをしている講師を改めて選定します。


今までのように特定の講師ばかりに偏らず受講することで、まずは、回数を確保することから始めます。


②ブログを活用する

レッスンの内容をブログに記録することで、必然的に復習することができます。


ブログを復習のツールとして活用したいと思います。


③定期的なスピーキングテストの受講

このサービスは今まで知らなかったのですが、定期的にスピーキングテストを受講することで、現在のスキルの確認と、適切な利用教材を確認することができます。


まとめ

私は、オンライン英会話は「会話することに慣れる場」として始めましたが、

レッスン内容を自分なりにカスタマイズできるという点では、使い方次第で、より効果的に英語力を強化できると信じています。


とにかく初心に返り、数をこなして、効果的なアウトプットができるよう、継続していきたいと思います。


https://bulag.amebaownd.com/posts/231299

0コメント

  • 1000 / 1000

blc

何かsimplogがかわりましたね。