人気のnCAMP のアウトドア・エスプレッソコーヒーマシンが面白い![追記]

アウトドア新製品がクラウドファンディングのmakual\keで大人気になっています。人気の秘密はやはりアウトドアで本格的なコーヒーが飲めるというところ、さらにコンパクトなので今ブームのソロキャンプに持っていけるというところです。


もちろん、今後、本格的に市場に出る価格よりも安く、しかも早く手に入るというところも人気のポイントでしょう。

このようなクラウドファンディングの使い方があるというのもちょっと驚きました。


この商品の応援していきたいと思います。

[追記]商品のモニターするための商品が届きました!

第一印象は思ったよりもしっかりした作りです。

アルミ製のキャンプ用品のケトルのようなものを想像していたのですが、エスプレッソマシンのように蒸気圧でコーヒー豆のうまみを引き出すためには蒸気をきっちと閉じ込めて落とす仕組みになっているのです。圧力釜を想像して、小さくしたイメージで構造も複雑です。

まず下の方のタンクに水を入れ、底がメッシュになったロートのようなもの(これがコーヒーフィルターになります)にコーヒー粉(エスプレッソなので細挽きにしました。パーコレーターのように粗挽きにするとどうなるかも実験するつもりですが、たぶん細挽きが正解です、たぶん)を入れ、ねじ込み式になった上位部のボトルをねじ込みます。ステンレス製です。

 それをガスバーナーにかけるとやがて沸騰し、蒸気が中で上にあがる音がし始まます。

しばらくすると音が少しちいさくなりますので、頃合いを見はからって火を止めます。

そして付属のカップに注ぐと薫り高いコーヒーの出来上がりです。

右からnCAMP cafe COFFEE MAKER(コーヒーマシン)

WOOD BURNING STOVE(木を燃やせるバーナー)

PREP SURFACE (ミニテーブル)

COFFEE MAKER 全景 一番上がステンレスカップ(シリコンカバーが付いているのであまり熱くなりません。)

下がコーヒーマシン本体

右がコーヒーカップ(ステンレス製でシリコンカバーがついています)

真ん中が水を入れて火にかけるケトル部分(しっかりした厚みのあるステンレス製、メッシュの部分にコーヒー粉を入れます)

左が出来上がったコーヒーが入るポット部分(蒸気圧でコーヒーが上がってきます)


上部のポット部(真ん中の棒のように見える部分をコーヒーが上がってきます)


ケトル部の拡大(横に蒸気が抜ける穴があります)


ケトル部のコーヒー粉が入る漏斗を取り出しひっくり返したところ

(中はメッシュなっています、フィルターの役をします)


ウッドストーブを開いたところ(空気がうまく送り込まれるようになっています)


ウッドストーブを折りたたんだところを裏から見た図(薄く収納できます)


ウッドストーブはこのように蛇腹になっていてたたむと薄くなります。


竹を可能して合板にしたテーブルを裏から見た図(脚を畳んだ状態)

0コメント

  • 1000 / 1000

blc

【プロフィール】
鹿児島県鹿児島市出身
埼玉県さいたま市在住
広報マン
株式会社シンクアップ co- founder 専務取締役
特定非営利活動法人マナビバ 理事長
学校広報ソーシャルメディア活用勉強会 事務局長(呼びかけ人)
株式会社C&H 取締役
一般社団法人ファーストスタープロジェクツ 理事
一般社団法人教育デザイン研究所 主任研究員