メールでセミナー集客の仕方がマスターできます

【話題のメールレッスンです。超人気、お見逃しなく】 セミナー集客マーケティング 安定した集客で売り上げアップを目指す方法をお教えします。 


セミナーで集客したい講師の方、主催している方、これからやってみたい方は必読です。

いろいろなスキルをもっている方、今年はまずここからと思いませんか。

私のスキルが商品化できます。

自分かもしくはすごいスキルを持った方をプロデュースして土日にセミナーを開催すれば週末起業できますよ。

組織ではなく個が輝く時代です。もう一度自分のスキルを見直してみましょう。

セミナー集客マーケティングLABO

「コンテンツを販売すればセミナーの売り上げが上がる」   でも   「お客様にコンテンツを販売するのは気がひける」   そういう悩みを抱えるセミナー講師は少なくありません。   しかし、セミナーでコンテンツ販売をしているなら、その「気がひける」という考えは間違っています。   今回は、セミナー講師がセミナーでコンテンツを販売するにあたって心得ておきたいたった一つのことについてお伝えします。       講師全般に言える心得とは 受講者を支える人であること     一般的に講師全般に言える「講師としての心得」に、「講師たるものは受講者を支える人であるべし」というものがあります。   どういうことかというと、   「講師は受講者が知識や体験を得るための補助具のような役割であり、セミナーの主人公はあくまでも受講者である」   ということです。   その、いわば支援者ともいうべき役割を果たすために、講師は   1.分かりやすく伝えるスキル 2.伝えるべき知識・経験 3.日々の自己研鑽を忘れない精神力 4.受講者が敬愛の情を抱けるような行動理念   の4つを持つこととされており、この4つを本番で体現するために入念な準備は欠かせないといわれています。   この4つ+入念な準備に関しては、セミナー講師も同じですが、「コンテンツの販売をしたい」と考えているセミナー講師は、これらの他にも心得としておきたいことがあるのです。     セミナー講師として責任を持つ   自身にとって最良のコンテンツを販売する   コンテンツの販売をしたいと考えているセミナー講師としての心得とは、   「セミナー講師として責任を持つ」   ということです。 その意味するところは、   「コンテンツを販売するのなら、自分自身にとって最良のコンテンツを販売する」   ということです。   これだけでは分かりづらいと思いますので、順を追ってご説明しますね。     セミナーは「きっかけ」を作る行為である コンテンツで相手の人生が変わる

セミナー集客マーケティングLABO

なお集客やアクセスアップのために下のようなサービスを利用する手もあります。

0コメント

  • 1000 / 1000

blc

何かsimplogがかわりましたね。